ポンプの構造と原理

ポンプの基礎知識~構造と原理について~

ポンプは、用途や目的によってその種類を選択する必要があります。ポンプは種類によって仕組みが異なります。こちらでは、各種ポンプの構造と原理についてご紹介します。

オイルレスピストンポンプ・コンプレッサー

偏芯回転軸と連動するピストンが往復運動することで、気体を移送する機械式真空ポンプ。オイルを使用しないドライタイプなので、クリーンな排気が可能です。

ダイアフラムポンプ

ダイアフラム(膜)と2つの弁で構成されるポンプ。ダイアフラムを上下や左右に運動させることで吸入と送出を行います。用途に合わせて「エア(気体)用」「液体用」を使い分けます。
容積変化するダイヤフラムの前後に、逆止弁を設けることで、「吸込み工程」と「吐出工程」が、一方方向に液の流れを保ちポンプとしての機能を持たせます。ダイヤフラムポンプには、他の回転式ポンプの構造にある回転軸のシール部や摺動部が無く、異物混入の危険性や、トラブルの発生が少ないポンプです。

電磁ダイアフラムポンプ

交流電源を電磁コイルに通電し、ロッドに固定された永久磁石が磁力によって吸引・反発を繰り返すことによって振動し、ロッドの端に固定されたダイアフラムがケーシング内の容積を変化させることで流体を送り出すポンプです。

チューブポンプ(ぺリスタルポンプ)

弾力性のあるチューブを回転するローラーでしごいていくことで、管内の液体を押し出すタイプのポンプ。接液部がチューブのみなので、チューブを選択することで多様な液体に対応可能です。一定量を繰り返し充填するような用途に最適です。

シリンジポンプ

シリンジ(注射器)に液体を充填し、持続的に液体を送付するポンプ。シリンダー内を往復するプランジャーの速度を一定に制御することで、高精度な送出が可能です。

ギアポンプ

2つの歯車を噛み合わせ、歯車が開いたときに吸入し、閉じるときに絞り出されるように送出していく仕組みのポンプです。

ロータリ真空ポンプ

シリンダ内を偏心回転するローターによって空気を吸引するポンプで、低発熱・低騒音・低振動・低発塵。
ローターが非接触で軽量の為、消費電力が低く抑えられ、メンテナンス不要で30,000時間の長寿命を実現。
ドライポンプとしては他社製より高い真空度を発揮する事ができます。

電磁ポンプ

電磁コイルに半波整流を与え、バネの付いたプランジャーが断続的に往復する事で、液体を送り出すポンプです。

 海外製品って、なんだか不安?

CSPが教える、ポンプの基礎知識

PAGETOP